福岡のアンテナ店、再開発で来春引っ越し 北東北3県で運営

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昨年2月に開設20周年を迎えた「みちのく夢プラザ」
昨年2月に開設20周年を迎えた「みちのく夢プラザ」

 秋田、青森、岩手の北東北3県で運営する福岡市中央区天神のアンテナショップ「みちのく夢プラザ」が来年4月、現店舗の南向かいに移転する。プラザに併設された「北東北三県福岡合同事務所」も新店舗近くのビルに移る。天神地区の再開発に伴い、現在の入居ビルが建て替えられるのが理由だ。秋田県が8日、県議会産業観光委員会で報告した。

 アンテナショップの移転先は、現店舗近くの3階建てのビル。1~3階を借り受け、1、2階を店舗、3階をバックヤードなどとして使う予定。延べ床面積は319・90平方メートル。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 528 文字 / 残り 284 文字)

秋田の最新ニュース