鹿角国体は無観客、開始式は中止

会員向け記事
お気に入りに登録

 来年2月に秋田県鹿角市花輪スキー場で開催される第76回国民体育大会冬季スキー競技会「美の国あきた鹿角国体」について、県は10日、新型コロナウイルス感染防止のため競技を無観客で実施すると発表した。開始式は中止する。日本スポーツ協会によると、無観客での国体の競技実施は初とみられる。

 県は競技の無観客実施について▽会場での選手と観客が行き来する動線の分離▽ソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保▽感染者発生時に備えた来場者の情報管理―が困難などと判断。入場を選手、監督ら競技関係者、スタッフなどの大会関係者に制限することにした。無観客実施の代替措置として、国体インターネット動画配信サービスの「国体チャンネル」を開設し、競技のライブ配信を行う。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 694 文字 / 残り 371 文字)

秋田の最新ニュース