鳳鳴高出・佐藤「左のエース目指す」 ソフトB入団発表

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ソフトバンクの新入団発表で、目標を掲げる育成ドラフト1位の佐藤宏樹投手=10日、福岡市
ソフトバンクの新入団発表で、目標を掲げる育成ドラフト1位の佐藤宏樹投手=10日、福岡市

 ソフトバンクは10日、福岡市内で新人13選手の入団発表を行い、ドラフト1位の井上朋也内野手は「3割30本をコンスタントに打てる、息の長い選手になることが目標」と意気込んだ。育成1位の佐藤宏樹投手(大館鳳鳴高出)は今年に入って、左肘を2度手術。「リハビリをして、いずれは左のエースとして優勝に貢献したい。何年も1軍で投げられるための体づくりをしたい」と語った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 232 文字 / 残り 52 文字)

秋田の最新ニュース