菅首相「復興、全力で応援」 岩手、宮城の震災被災地訪問

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
岩手県宮古市田老地区の防潮堤で、山本正徳宮古市長(中央手前左)の説明を聞く菅首相(同右)=10日午後(代表撮影)
岩手県宮古市田老地区の防潮堤で、山本正徳宮古市長(中央手前左)の説明を聞く菅首相(同右)=10日午後(代表撮影)

 菅義偉首相は10日、東日本大震災の被災地を視察するため、岩手、宮城両県を訪れた。視察後、記者団の取材に「復興が大きく進み、総仕上げの段階になっている。政府として全力で応援する」と強調した。

 首相就任後、両県を訪れるのは初めてで、被災地訪問は9月の福島県以来、2回目。宮城県の東松島、石巻、岩手県の陸前高田、宮古の4市を訪れ、献花、黙とうして復興状況を確認した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 431 文字 / 残り 250 文字)

秋田の最新ニュース