「イオン新能代」新設を届け出、縦覧開始 1月に住民説明会

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
建設が進むイオン新能代SC(仮称)
建設が進むイオン新能代SC(仮称)

 秋田県能代市鰄渕(かいらげふち)の秋田自動車道・能代東インターチェンジ(IC)近くに建設中の「イオン新能代ショッピングセンター(SC、仮称)」について、イオンモール(千葉市)は大規模小売店舗立地法に基づく新設を届け出た。市が11日に公表、縦覧を始めた。

 届け出は10日付。店舗面積は1万9800平方メートルで、西側にスーパーマーケット(2300平方メートル)、中央に衣料品などの専門店(1万2300平方メートル)、東側にホームセンター(5200平方メートル)を配置する。アミューズメント施設やフードコートも併設。駐車場1370台を備え、車両出入り口を4カ所設ける。

 イオンモールは来年1月下旬に住民説明会を開く予定。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 569 文字 / 残り 260 文字)

秋田の最新ニュース