五能線の新型車両、出発進行! 東能代駅で式典【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

 JR五能線の新型電気式気動車「GV―E400系」が12日、運転を開始し、秋田県能代市の東能代駅でセレモニーが行われた。現在走っている「キハ40系」の後継。多くの家族連れや鉄道ファンが新しい車両の出発を祝った。

瓜田駅長(右)の合図で東能代駅を出発する新型車両「GV―E400系」


 GV―E400系はディーゼルエンジンで発電し、その電気でモーターを回して走行。燃費性能を高め、排ガス中の窒素酸化物(NOx)を減らすなど環境に配慮した。車体には、沿線の日本海と青空を表現した青色のラインが入っている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 417 文字 / 残り 203 文字)

秋田の最新ニュース