ハピネッツ、次々と3P決め優位に 粘る島根を振り切る

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田-島根】第2クォーター、ジャンプシュートする秋田の保岡=CNAアリーナ
【秋田-島根】第2クォーター、ジャンプシュートする秋田の保岡=CNAアリーナ

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は12日、各地で10試合を行った。第13節第1日、東地区6位の秋田ノーザンハピネッツは秋田市のCNAアリーナで、西地区5位の島根と対戦。3点シュート(3P)がよく決まり、88―76で今季2度目の4連勝をマークした。通算12勝8敗で順位は変わらない。MVPは5本の3Pを含む両チーム最多の21得点を挙げたガード保岡龍斗、印象的な活躍をしたMIPには13得点のガード長谷川暢が選ばれた。

 13日も同アリーナで島根と戦う。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 555 文字 / 残り 326 文字)

秋田の最新ニュース