鶴ケ池荘、経営難で横手市に返還へ 1月4日から休館の方針

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
横手市山内土渕の鶴ケ池荘
横手市山内土渕の鶴ケ池荘

 秋田県横手市は14日、2018年に民間会社へ譲渡した山内地域の温泉宿泊施設「鶴ケ池荘」について、コロナ禍などによる経営難を理由に本年度限りで返還の申し出を受けたことを明らかにした。市はこれを受け入れた上で、温泉施設の在り方について今後方針を示す考え。この日開いた市議会全員協議会で報告した。

 市は公共温泉施設の運営見直しの一環で、鶴ケ池荘を18年4月に民間会社「横手温泉郷」へ譲渡していた。同社は今月、同施設を来年1月4日から休館すると市へ申し出た。同4月には市へ返還したい方針を示し、協議を求めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 807 文字 / 残り 556 文字)

秋田の最新ニュース