GoTo停止「やむを得ないが…」 県内業者、先行き不安視

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田空港の土産物販売店に掲示された「Go To トラベル」のポスター=14日午後7時50分ごろ、秋田市雄和
秋田空港の土産物販売店に掲示された「Go To トラベル」のポスター=14日午後7時50分ごろ、秋田市雄和

 政府が観光支援事業「Go To トラベル」を全国で一斉に利用停止する方針を決めた。秋田県内の事業者は「新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるのが先」などと一定の理解を示しつつ、先行きへの不安も感じていた。

 仙北市の水沢温泉郷で旅館「青荷山荘」と田沢湖高原リゾートホテルニュースカイを経営する堀田雅人さん(60)は「今の全国的な感染状況を考えれば、一斉停止はやむを得ない」と冷静に受け止める。

 今夏リニューアルオープンした青荷山荘は、県のプレミアム宿泊券やトラベル事業の効果で10月以降おおむね満室が続き、年末年始もほぼ予約で埋まっていた。堀田さんは「今後キャンセルが出るかもしれないが仕方ない。少しでも早くコロナが落ち着いてほしい」と話す。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 943 文字 / 残り 621 文字)

秋田の最新ニュース