菅首相との面会者、目立つ看板政策絡み 国会発言では「地方」100回

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 菅義偉首相は、16日で就任から3カ月となる。就任直後から政治家や官僚のほか、民間の有識者らと面会を繰り返してきた。秋田魁新報2面の「首相の一日」と国会での主な発言から、菅氏が何を重視しているのかを探った。

首相官邸に入る菅首相=9日


 菅氏は就任から今月11日までに、延べ約1200人と面会した。一日の平均人数は14人で、多い日は40人を超える。新型コロナウイルス対策関係や菅氏の看板政策に関連する面会が目立つ。

 面会相手の約9割を占めるのが閣僚ら政治家や官僚だ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 2040 文字 / 残り 1822 文字)

秋田の最新ニュース