社説:元農相巡る疑惑 真相解明が政治の責務

お気に入りに登録

 ともに農相経験者の吉川貴盛衆院議員と西川公也元内閣官房参与が、鶏卵生産大手「アキタフーズ」(広島県福山市)グループの元代表から現金を受け取った疑いが相次ぎ発覚した。両氏ともに自民党。元代表は現金提供を認めているが、2人は違法な現金授受を否定している。

 東京地検特捜部が捜査を進めている。現金授受が鶏卵業界に有利な政策決定に影響を与えたのではないかとの疑惑を招く事態だ。両氏は自ら説明責任を果たすべきだ。また政府、国会も一連の経緯を調査、明らかにすることを通じ、政治への信頼を回復することが急務だ。

 アキタ社は業界を代表する企業で、元代表は業界団体の役員だった。家畜を快適な環境で飼育する「アニマルウェルフェア」の国際基準の緩和や、鶏卵価格が下がった際に生産者の損失を補填(ほてん)する事業の拡充を、政治家や農林水産省に積極的に働き掛けていた。補填事業では業界に有利な見直しが実現した。

 吉川氏は安倍前内閣の農相在任中だった2018年10月~19年9月、大臣室などで3回、計500万円を元代表から渡された疑いがある。西川氏は17年の衆院選で落選後、非常勤の国家公務員である内閣官房参与に就任。元代表から計数百万円を受け取り、接待を受けるなどしたとみられる。

 吉川氏の疑惑は贈収賄事件に発展する可能性がある。西川氏の職務権限の及ぶ範囲は限定的とされるが、農水族の重鎮として参与の職務を超えた権限を行使した疑いも残る。

 吉川、西川両氏の農相時代、菅義偉首相は官房長官だった。吉川氏は今年9月の自民党総裁選で菅氏の選対幹部を務め、その後、党の選対委員長代行に就任。西川氏は菅政権で内閣官房参与に再任された。疑惑発覚後、両氏はこれらの職を辞した。

 菅氏は吉川氏に関し「自らの行動について説明責任を果たしていくことが求められる」と距離を置く発言をしているが、政府として積極的に解明に取り組むべきだ。特捜部が捜査中であることは、政府が事実関係の説明を避ける理由にはならない。

 統合型リゾート施設(IR)事業に絡む衆院議員秋元司被告の収賄・証人買収事件や、元法相で衆院議員の河井克行被告と妻の参院議員案里被告の公選法違反(買収など)事件、安倍晋三前首相後援会の桜を見る会前日の夕食会費用を巡る疑惑と、「政治とカネ」の問題が相次いでいる。いずれも安倍前政権下の問題であり、長期政権の緩みが露呈したのではないか。

 政治家が誰一人として説明責任を果たそうとしないのは、国民や国会を軽視していると言わざるを得ない。政府や政治家本人、国会がそれぞれの責任を果たさなければ、国民の政治不信は深まる一方だ。与党も野党が求める両氏の参考人招致などを拒むのではなく、真相解明へ真摯(しんし)に取り組むべきだ。

秋田の最新ニュース