「家の近くで買えて便利」、南外さいかい市の移動販売開始

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
移動販売車で食料品を手に取る住民
移動販売車で食料品を手に取る住民

 秋田県大仙市南外地域の住民が営む商店「南外さいかい市」による移動販売が14日始まり、出発式が行われた。販売車が外小友地区を3ルートに分けてそれぞれ週1回訪れ、住民の買い物を支援する。

 さいかい市で販売している肉や野菜、卵といった生鮮食品のほか日用品など100種類ほどを取り扱う。住民からの注文も受け付ける。

 月曜に荒又・十二ケ沢など、木曜に滝・中野など、金曜に大和野・土場などの集落をそれぞれ回る。いずれも午前11時から午後3時半にかけて7~10カ所に停車。民謡「南外小唄」を流して到着を知らせる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 893 文字 / 残り 643 文字)

秋田の最新ニュース