大仙市「川を渡るぼんでん」、コロナで奉納中止 神事は実施

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ぼんでん唄を披露しながら川を渡る一行=今年2月11日、大仙市大曲
ぼんでん唄を披露しながら川を渡る一行=今年2月11日、大仙市大曲

 秋田県大仙市大曲の花館地区で開かれる小正月行事「川を渡るぼんでん」の実行委員会は14日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえて来年2月11日に予定していた行事の中止を決めた。

 男衆がぼんでんを持って町内を練り歩いた後、船で雄物川を渡り、伊豆山(208メートル)の頂上にある神社の社殿にぼんでんを奉納する。例年、雪山を背景に色鮮やかなぼんでんが川を渡る幻想的な様子を見ようと多くの地域住民やカメラマンらが集まる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 446 文字 / 残り 240 文字)

秋田の最新ニュース