「サキホコレ」栽培マニュアル完成、データ基に要点まとめる

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は14日、県新品種米「サキホコレ」の栽培マニュアルを農業団体など関係機関にメール送信した。マニュアルには試験栽培したコメの食味や収量データなどを基に、サキホコレの品質と良食味を発揮するための栽培の要点をまとめた。来年1月に始まる生産団体向け研修会で利用し、栽培技術の伝達に役立てる。

 マニュアルには、春の種子準備や育苗、土作りから秋の収穫、乾燥調製までの流れを示した「栽培ごよみ」を掲載。土作りや育苗、移植、栽培管理、病虫害防除など作業ごとに解説している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 757 文字 / 残り 525 文字)

秋田の最新ニュース