ナガマツら北都銀行勢6人出場、22日から全日本総合バド

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
永原和可那(左)と松本麻佑
永原和可那(左)と松本麻佑

 バドミントンの第74回全日本総合選手権は22~27日、東京・町田市立総合体育館で開催される。新型コロナウイルスの影響で、今年唯一の国内大会となる。

 北都銀行勢は女子ダブルス世界選手権2連覇中で、昨年の大会を初制覇した永原和可那、松本麻佑組が第1シードで登場。米元小春、田中志穂組は第3シードで出場する。米元が昨年の世界選手権でアキレス腱(けん)を断裂し、今大会が復帰戦となる。このほか女子シングルスには川上紗恵奈と明地七海がエントリーした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 679 文字 / 残り 458 文字)

秋田の最新ニュース