大しけで「本隊」接岸か 金浦漁港で季節ハタハタ1・2トン

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県にかほ市の金浦漁港で15日、季節ハタハタ1・2トンが水揚げされた。県内初の「本隊」の接岸とみられる。しけの影響で1隻しか出漁できなかったが、まとまった量が水揚げされ、管轄する県漁業協同組合南部支所は「季節ハタハタの群れの本隊ではないか」とみている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 443 文字 / 残り 315 文字)

秋田の最新ニュース