コロナ臨時診療所、3月末まで設置延長へ 秋田市

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市保健所(資料写真)
秋田市保健所(資料写真)

 秋田市は15日、新型コロナウイルスの感染が疑われる患者の検体を採取するため市保健所の敷地内に設置している臨時診療所について、今月26日までとしていた設置期間を来年3月末までに延長すると発表した。クラスター(感染者集団)の発生やインフルエンザとの同時流行に備えるため。この日開いた市議会厚生委員会で報告した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 427 文字 / 残り 273 文字)

秋田の最新ニュース