22年度に消防庁舎改修へ、秋田市 外壁や空調設備新しく

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田市議会総務委員会で市当局は、築30年以上で老朽化している消防庁舎を改修するため本年度内に設計業務を行う考えを示した。22年度から外壁や空調、訓練設備などを改修し、女性専用のトイレや仮眠室を充実させる。工事期間中、秋田消防署は仮設庁舎で業務を行う。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 597 文字 / 残り 471 文字)

秋田の最新ニュース