【ルポ季節ハタハタ(男鹿)】量も「オナゴ」も少なく、漁師に笑顔なし

会員向け記事
お気に入りに登録

【男鹿支局長・藤原剣】

16日午前8時、秋田県男鹿市の北浦漁港。

普段は網を確認してすぐに戻ってくる漁船が、この日は大きな波に揺られながらまだ海の上にいる。

これは、もしや。

港にいた漁師に尋ねると「いくらか揚がっているんだな」とたばこをくわえながら目を細める。

県内屈指の広大な藻場を有する男鹿半島北岸。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 619 文字 / 残り 471 文字)

秋田の最新ニュース