鮮やか天井画、観光客ら特別拝観 由利本荘・吉沢神明社

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
色鮮やかな天井画を鑑賞する観光客
色鮮やかな天井画を鑑賞する観光客

 秋田県由利本荘市の国登録有形文化財・吉沢神明社は、観光客などを対象に特別拝観を行っている。普段見られない色彩鮮やかな天井画や精緻な彫刻を堪能できる。

 神明社は正保元年(1644年)創建とされ、拝殿には数々の天井画、壁画や大絵馬が飾られている。

 4日は地元ガイドが観光客に天井画の内容を解説。「本荘藩のお抱え絵師が描いた」「中国古典を題材にしたものが多い」などと説明すると、観光客は「今も青が鮮やか」といった感嘆の声を上げた。神社正面や拝殿にある獅子や鳳凰(ほうおう)などの彫刻、梁(はり)を支える大きな力士像にもじっくり見入った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 519 文字 / 残り 253 文字)

イベントニュース