乗り鉄日和~車両がかわいかったので三鉄に就職したら、運転士になっていた 三陸鉄道編(1)【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

「就職活動の際、三鉄の車両がかわいいなと思って軽い気持ちで入社試験を受けたら採用されました。てっきり駅での業務をするものだと思い込んでいたのに、勤務地を確認した時に、運転士候補として採用されていたことを聞かされてびっくりしました」

秋田県潟上市出身の田母神夏美さん(27)=秋田北高-岩手大出=は当時を振り返って笑う。

三陸鉄道で2人しかいない女性運転士の1人である田母神さん=11月9日午後1時56分ごろ、岩手県宮古市の三陸鉄道運行本部


三陸鉄道で31人いる(JRからの出向含む)運転士の中で、女性は現在、田母神さんを含め2人だけ。メディアの取材を受ける機会も多く、今では三鉄の顔として多くの人に知られる存在となった。

「乗客に『この前のテレビ見たよ』と声を掛けられることもあります。乗客との距離の近さが三鉄の魅力だと思います」と話している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 3880 文字 / 残り 3571 文字)

秋田の最新ニュース