視野広げ、思考力高めよう! 大館東中、朝読書に新聞活用

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県大館市の大館東中学校(小林寿校長、363人)は17日、授業開始前の朝読書の時間を活用して新聞を読む活動を始めた。昨年度も行っており、本年度は24日までの計5日間行う。視野を広げ、思考力を高める狙いがある。全校生徒が当日の秋田魁新報に約15分間目を通し、最も印象に残った記事の感想を書いた。

新聞を熱心に読む大館東中の生徒


 3年E組では生徒が感想を発表。横手市で48時間降雪量が史上最多を観測したとの記事に「まだ12月。この冬はどれだけ降るのか不安」、京都アニメーション放火殺人事件の容疑者の起訴については「罪のない36人の命を奪い、家族も悲しませた。しっかりと罪を償ってほしい」との声が上がった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 530 文字 / 残り 244 文字)

秋田の最新ニュース