SNSユーザーは「思考回路が欠如」 佐竹知事、発言後に訂正

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久知事(資料写真)
佐竹敬久知事(資料写真)

 秋田県の佐竹敬久知事は18日の県議会予算特別委員会の総括審査で、会員制交流サイト(SNS)に書き込みをする人について「あまり基礎知識がなく、思考回路が少し欠如している」と述べた。その後、「言い過ぎだった」として発言を訂正した。

 宇佐見康人氏(自民)が、県内で新型コロナウイルスの感染者が出ると、SNS上では「県は何をやってるんだ、市は何をやってるんだと荒れたりする」と指摘した。

 これに対し佐竹知事は「あまり基礎知識がなく、思考回路が少し欠如している」と持論を展開。「(SNSの書き込みは)相当間違っている。この方々にどう教育するかが非常に難しい」「体系的にものを考える思考がない」などと続けた。「ネットで書き込みを多くする方はテレビや新聞を見ない」とも語った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 493 文字 / 残り 161 文字)

秋田の最新ニュース