矢口高雄さんと交流30年、自宅には共同制作した書画も

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 書道家で秋田県八峰町前教育長の千葉良一さん(77)=同町八森=が、先月死去した漫画家・矢口高雄さんと共同制作した書画を自宅に飾っている。「自分の書いた言葉が矢口さんの絵と一体になった瞬間が本当にうれしかった」。30年余りにわたって続いた交流に感謝している。

矢口さんと共同制作した書画を飾る千葉さん=八峰町八森の自宅


 千葉さんはNTT勤務を経て旧八森町収入役、同助役を歴任。2018年まで八峰町教育長を務めた。書道では県内外の展覧会で多数受賞。雅号は涼翠(りょうすい)。1990年に県芸術選奨、2019年に県芸術文化章に選ばれた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 859 文字 / 残り 623 文字)

秋田の最新ニュース