ニュースの「つぼ」:秋田道・蟹沢―大館能代空港IC開通

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
伊勢堂岱遺跡からの景観に配慮し、秋田内陸線の線路や県道の下を通る秋田道(中央)
伊勢堂岱遺跡からの景観に配慮し、秋田内陸線の線路や県道の下を通る秋田道(中央)

 13日に開通した日本海沿岸東北自動車道(秋田自動車道)の蟹沢インターチェンジ(IC)―大館能代空港IC間5・3キロは、北秋田市脇神の国指定史跡・伊勢堂岱遺跡の近くを通過する。遺跡は世界文化遺産登録を目指す北海道・北東北の縄文遺跡群に含まれるため、道路は景観に配慮して地面を掘り下げた部分を通る半地下方式が採用された。北秋田市教育委員会によると、景観に配慮した高速道路の整備は全国的にも珍しいという。

 今回の開通区間は県と国が分担して整備した。早期開通を実現させるためで、県は2012年に事業着手し、蟹沢ICより西側の県道1・6キロを含む5・25キロの区間(鷹巣西道路)を担当。国は18年から東側の1・7キロを整備した。開通により、能代市方面から大館能代空港へのアクセス向上や物流の効率化が期待されている。県道の整備を含む県の事業費は約105億円。国が約24億円。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1005 文字 / 残り 623 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース