季節ハタハタ、男鹿で今季初本隊か 北浦、相川で計4トン

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県男鹿市の北浦漁港と相川漁港で18日夜、季節ハタハタ計4トンが水揚げされた。市内の港では今季初の本隊接岸とみられる。港にはハタハタを入れたかごがいくつも積み上がり、漁師たちは慌ただしく選別や箱詰めに追われた。

 漁師たちは数日続いたしけがいったん収まったのを狙い、この日の朝に北浦、相川両地区の4カ所に小型定置網を仕掛けていた。午後7時ごろから乗組員を乗せた船が次々と海に繰り出した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 426 文字 / 残り 232 文字)

秋田の最新ニュース