港ばやしの楽譜、CD制作 三味線奏者・児玉さん(秋田市)

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田市泉釜ノ町の三味線奏者・児玉忠廣さん(72)が、同市の「土崎神明社祭の曳山(ひきやま)行事」(土崎港曳山まつり)で演奏される港ばやしの三味線楽譜(CD付き)を制作した。演奏の担い手不足が懸念される中、「守り伝えられてきた文化遺産を、未来に継承する役に立つといい」と話す。

 制作した楽譜とCDには、「寄せ太鼓」「加相ばやし」など5曲の港ばやしと、「秋田音頭」などの民謡3曲を収録。流派ごとに異なる調律やテンポを細かく記載し、祭りばやしにおける三味線の役割と上手に弾くためのポイントなどを明記した。

 自費出版の楽譜とCDは、県立図書館と鹿角、仙北両市の教育委員会に寄贈する予定。問い合わせは児玉さんTEL018・868・5377

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1157 文字 / 残り 842 文字)

秋田の最新ニュース