秋田風味パエリアいかが 北秋田市出身の料理人、ネット販売

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ネットで販売中の冷凍パエリアを手にする藤嶋さん
ネットで販売中の冷凍パエリアを手にする藤嶋さん

 東京・JR錦糸町駅近くの和食ダイニング「笑酒(えぐし)」は、店で人気の「秋田風味パエリア」を冷凍パックにしてインターネットで販売を始めた。きりたんぽ鍋風味としょっつる海鮮風味の2種類。店を営む鷹巣町(現秋田県北秋田市)出身の藤嶋大久(ひろひさ)さん(44)は「どちらも秋田らしさを出した自信作。店の味を自宅でも気軽に楽しんでほしい」と話している。

 きりたんぽ鍋風味のパエリアは、味付けに浅利佐助商店(鹿角市)の比内地鶏スープなどを使用。鶏肉やマイタケ、セリなどを盛り付けて和風仕立てにした。のりやごまをかけたり、蒸らしの途中で卵を加えたりしてもおいしいという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 751 文字 / 残り 470 文字)

秋田の最新ニュース