ブラウブリッツ、最終戦は黒星 鹿児島に0―3で敗れる

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【鹿児島―秋田】前半、脚を伸ばしてボールを競り合う秋田の江口(左)=白波スタジアム
【鹿児島―秋田】前半、脚を伸ばしてボールを競り合う秋田の江口(左)=白波スタジアム

 サッカー明治安田J3(18チーム)は20日、各地で今季最終第34節の9試合を行った。優勝とJ2昇格を決めているブラウブリッツ秋田は、鹿児島市の白波スタジアムで6位鹿児島に0―3で敗れ、通算21勝10分け3敗、勝ち点73でリーグ戦を終えた。

 来季J2に昇格できる残る1枠を巡る争いは、勝ち点59で2位だった長野が0―2で岩手に敗れ、同58で3位の相模原が2―1で今治を下したため、相模原が逆転で初の昇格を決めた。

鹿児島 3―0 秋田
   (1―0)
   (2―0)

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 491 文字 / 残り 259 文字)

秋田の最新ニュース