外旭川のまちづくり、イオンが土地活用提案へ 大門顧問が市長と面談

会員向け記事
お気に入りに登録

 イオン(千葉市)の大門淳顧問は21日、秋田市役所で穂積志市長と面談し、市が外旭川地区で人工知能(AI)などの先端技術を活用して新たなまちづくりを進めるため民間から土地活用についての案を募るとしていることに対し、イオングループとして提案する考えを伝えた。穂積市長は取材に「イオンだけでなく、広く公募したい」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 794 文字 / 残り 636 文字)

秋田の最新ニュース