長く愛される映画館に アルヴェシアター、25日オープン

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田市の秋田拠点センター・アルヴェ内の映画館が25日、「AL☆VEシアター」として新たにオープンする。秋田新都心ビルと親会社の秋田ケーブルテレビが設立した「秋田シネマ&エンターテイメント」(末廣健二社長)が運営。全国で映画館事業を展開する東急レクリエーション(東京)が、上映作の選定などサポートに当たる。支配人の稲田仁さん(51)は「長く愛される映画館を目指したい」と話す。

25日にオープンする「AL☆VEシアター」


 同シアターは南部興行(盛岡市)が「ルミエール秋田」として運営していたが、今年5月に閉館。翌月以降は、秋田シネマ&エンターテイメントが不定期で上映イベントを開催してきた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 890 文字 / 残り 617 文字)

秋田の最新ニュース