工藤県議、パワハラ問題で謝罪 県議会議長が厳重注意

会員向け記事
お気に入りに登録

 自民党の工藤嘉範県議(63)=秋田市選挙区=からパワーハラスメントを受けたと男性県職員が訴え出た問題で、加藤鉱一議長は22日、工藤氏に厳重注意したことを明らかにした。工藤氏は報道各社の取材に「至らない点があった。(男性職員には)深くおわびした」と述べた。

 同日の議会運営委員会で、加藤議長が明らかにした。委員長を務めている工藤氏はその間、退席した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1006 文字 / 残り 831 文字)

秋田の最新ニュース