90歳過ぎても「僕の書はまだ伸びる」 大井錦亭さん、最後まで本物を追求

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
自ら集めた筆の前で語る大井錦亭さん=2018年9月、東京都三鷹市の事務所
自ら集めた筆の前で語る大井錦亭さん=2018年9月、東京都三鷹市の事務所

 91歳の秋、「僕の書はまだ伸びる。これから僕の本物を出す時。老境の風格が出るかな」とにこやかに語った。21日に93歳で亡くなった秋田市出身の書家・大井錦亭(おおい・きんてい)さんは、最晩年まで理想を追い求めた。

 本格的に書を始めたのは青年期から。1945年4月の「川崎大空襲」で被災し、8歳まで過ごした秋田市土崎港に帰郷した。同年8月の土崎空襲を挟んで2年間国鉄(現JR)土崎工場で働き、同好会で専門誌に投稿した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1062 文字 / 残り 854 文字)

秋田の最新ニュース