クニマスはいま(下)田沢湖の再生 真の里帰り、道険しく

有料会員向け記事
お気に入りに登録

田沢湖のほとりで設立された田沢湖再生ネットワーク。左から2人目が三浦さん、4人目が門脇市長

 「クニマスが再び生息できる環境を取り戻すことが田沢湖の再生だ」

 今月15日、秋田県仙北市。クニマスの生存確認から10年になるのを機に、市と市民団体は「田沢湖再生ネットワーク」という組織を立ち上げた。設立会見で発起人の門脇光浩市長はこう述べ、続けた。「しかし、それはまだかなっていない」

 ネットワークが掲げる目標は「クニマスの里帰り」。それには田沢湖の水質改善が前提となるが、道のりは険しい。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1213 文字 / 残り 1017 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース