ブラウ、泥臭く粘り勝ち ボール保持されてもスタイル崩さず

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 後半は1点をリードしながら相手にボールを支配される展開。秋田はこれまでと変わらず、泥くさく戦った。粘り強く守備でしのぎ、カウンターに転じた。その先に、後半44分の勝利を決定付ける3点目のゴールが待っていた。

【秋田―福山】前半終了間際、秋田のMF久富がシュートを決め2―1とリードする=ユアテックスタジアム仙台


 吉田謙監督は「粘り勝ちだと思う。苦しいという感覚はあったとは思うが、奪って前へのカウンターをよく狙っていた」と評価した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 563 文字 / 残り 398 文字)

秋田の最新ニュース