角館・町家館内の土産品店閉店へ、コロナ影響 新テナントと交渉中

会員向け記事
お気に入りに登録

1階の土産品店の閉店が決まった「食彩・町家館」


 県産加工品販売のあきた食彩プロデュース(秋田市)が、仙北市角館町で運営する農業6次産業化の拠点施設「食彩・町家館」内の土産品店を27日で閉店することが分かった。新型コロナウイルスの影響で売り上げが激減したことなどが理由。テナント入居について業者と交渉中で、来年3月の再オープンを目指しているという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 474 文字 / 残り 324 文字)

秋田の最新ニュース