秋田スポーツこの1年(2)コロナ禍の各種大会 リスク見極め中止も

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県内の校長が集まり全県高校総体の開催可否について話し合った評議員会=5月、秋田市
県内の校長が集まり全県高校総体の開催可否について話し合った評議員会=5月、秋田市

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、春の高校選抜大会や全国高校総体(インターハイ)、春夏の甲子園大会、全国中学校体育大会、鹿児島県で開催される予定だった第75回国民体育大会など、スポーツ大会の中止や延期が相次いだ。

 本県では3月に秋田市で開かれる高校日本一の座を争う魁星旗争奪剣道大会、5月に能代市で開かれる高校バスケットボールの大会「能代カップ」などの全国レベルの大会が中止となった。さらに中学、高校の春季大会に加え、総合体育大会などが中止となり、代替大会が行われた。男鹿駅伝や全県500歳野球大会なども中止を余儀なくされた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 610 文字 / 残り 345 文字)

秋田の最新ニュース