豚まん専門店「福楼」、秋田市土崎港にオープン

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
福楼で販売している豚まん
福楼で販売している豚まん

 秋田県産の食材を使用した豚まんの専門店「福楼(ふくろう)」が、秋田市土崎港の通称・自衛隊通り沿いにオープンした。1個税込み260円で、月1万個の販売を目指す。近くシューマイ(4個入り同280円)の販売も始める。売り上げ目標は月300万円。年間では夏場の落ち込みを考慮して2千万円と見込んでいる。

 豚まんには、秋田市産の豚肉、大潟村産のタマネギ、本県産の小麦「銀河のちから」を使用。今年4月から県総合食品研究センターのアドバイスを受けながら試作を重ね、約半年かけて完成させた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 484 文字 / 残り 246 文字)

秋田の最新ニュース