東由利から魅力発信・黄桜すい(2)手探り 多くの人巻き込み誕生

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
道の駅東由利のショッピングセンター「ふれあいプラザぷれっそ」で販売されている黄桜すいのグッズ
道の駅東由利のショッピングセンター「ふれあいプラザぷれっそ」で販売されている黄桜すいのグッズ

 過疎化が進む由利本荘市の東由利地域を盛り上げようと2016年に誕生した、ご当地キャラクター「黄桜すい」。地元住民によるゼロからの取り組みがさまざまな人を巻き込み、プロジェクトを軌道に乗せてきた。

 東由利をPRして活性化につなげたい―。住民らでつくる「黄桜すいプロジェクト」の取り組みは、代表の鈴木弘和さん(38)=理容師=の思いから始まった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 751 文字 / 残り 579 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース