大館・花岡温泉が年内で閉館 利用者減り苦渋の決断

会員向け記事
お気に入りに登録

 源泉掛け流しが人気の秋田県大館市花岡町の「花岡温泉」が、年内で閉館する。「温まる」と評判の湯だが、入浴客が減り運営状況が悪化。今後も黒字化が見込めないとして、施設を管理運営する花岡地区町内会長連絡協議会が開設20年目で温泉事業の終了を決めた。

年内で閉館する花岡温泉


 施設は木造平屋約117平方メートルで浴槽の広さは男女とも約5・4平方メートル。地元住民の利用が主で、開設当初の数年間は年間6万人近い入浴客でにぎわったが、その後漸減。ここ数年は約3万人と低迷していた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 561 文字 / 残り 338 文字)

秋田の最新ニュース