県内で新型コロナ8人 5人は同じ職場に勤務

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県と秋田市は25日、能代保健所管内の男子中学生2人と秋田中央保健所管内の30~70代の男女5人、秋田市の20代パート女性の計8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。秋田中央保健所管内の5人は同じ職場で、県は職場内でクラスター(感染者集団)が発生したとした。県内の感染者は113人。

 県によると、男子中学生2人は23日に感染が確認された能代保健所管内の中学生と同じ学校の生徒。いずれも最初に感染が確認された生徒の濃厚接触者としてPCR検査を受け、24日と25日にそれぞれ陽性が判明した。1人は発熱などの症状があるが軽症で、25日に宿泊療養施設に入所した。もう1人は無症状で、26日以降に入院するか療養施設に入るかを決める。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 681 文字 / 残り 365 文字)

秋田の最新ニュース