北都銀・ナガマツ、ヨネタナが準決勝へ 全日本総合バド

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子ダブルス準々決勝最終ゲーム、スマッシュを放つ田中(左)。右は米元
女子ダブルス準々決勝最終ゲーム、スマッシュを放つ田中(左)。右は米元

 バドミントンの全日本総合選手権第4日は25日、東京・町田市立総合体育館で各種目の準々決勝が行われ、北都銀行勢は女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組、米元小春、田中志穂組がともに準決勝に進んだ。同シングルスの川上紗恵奈は惜しくも敗れた。

 ダブルスで男子の遠藤大由、渡辺組(日本ユニシス)、園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)、女子の福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)は順当に4強入り。志田千陽(ちはる、八郎潟町出身)、松山奈未組(再春館製薬所)は敗退した。混合の金子祐樹、松友美佐紀組と渡辺勇大、東野有紗組(以上日本ユニシス)も準決勝に進んだ。

 シングルスの男子で3連覇を目指す桃田賢斗(NTT東日本)は逆転勝ちし、女子で昨年覇者の奥原希望(太陽ホールディングス)、山口茜(再春館製薬所)も勝ち上がった。

秋田の最新ニュース