今年知事が選んだ漢字は「止」 コロナで往来、経済ストップ

会員向け記事
お気に入りに登録

 佐竹敬久知事は25日の記者会見で、この1年を象徴する漢字として「止」を選んだと発表した。新型コロナウイルスの影響で人の動きや経済が止まったことや、政府がイージス・アショアの新屋演習場配備計画を断念したことを理由に挙げた。

「止」と書いた色紙を掲げる佐竹知事


 佐竹知事は「悩みましたが、やっぱりこれですね。止まる」と切り出し、自筆の色紙を掲げた。「2月末から全てコロナ、コロナ。秋田県の主要な事業、海外や東京への出張が止まる中、県民の安全安心を守るのに腐心した」と振り返った。

 知事は年末の会見で1年を象徴する漢字、年始の会見では新年への思いを表す漢字を紹介するのが恒例になっている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 433 文字 / 残り 159 文字)

秋田の最新ニュース