菅首相会見、8割以上コロナ関連 「桜」問題の質問も

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者会見する菅首相。新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長(奥)が同席した=25日午後6時38分、首相官邸
記者会見する菅首相。新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長(奥)が同席した=25日午後6時38分、首相官邸

 菅義偉首相の25日の記者会見は約55分間行われ、8割以上の計約48分は新型コロナウイルス関連に充てられた。安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」前日に主催した夕食会の費用補填(ほてん)問題についても質問が及んだ。

 「年末年始は家族や大切な方と少人数で静かに過ごしてほしい。一日も早く感染を収束させるため、ぜひお力を貸していただきたい」。菅氏は会見の冒頭、手元に置いた原稿に目を落としながら約12分間、コロナ感染の現状と対策について語った。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 459 文字 / 残り 239 文字)

秋田の最新ニュース