目指せ!クリの名産地 井川で栽培、ケーキやサブレも開発

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県井川町が町内産のクリ「井川栗」の特産化に力を入れている。本年度は町有地にある試験栗園で約47キロを収穫した。潟上市の製菓店と連携してケーキや焼き菓子を開発し、今月から町ふるさと納税返礼品のラインアップに加えた。今後は民間生産者の育成や商品の認知度向上、出荷先の開拓などを目指す。

井川町が試験栽培を進めている栗園


 栗園は、町の観光名所である日本国花苑内にある。町が2013年度に民間から取得した。広さは約80アールで、日当たりの良い斜面。クリの木が多く植えられていたことから、町は17年度、観光栗園化も視野に栽培を始めた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 904 文字 / 残り 656 文字)

秋田の最新ニュース