豪太とユキに赤ちゃん、GAOで8年ぶりホッキョクグマ出産

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ともに先月26日に誕生日を迎えた豪太(右)とユキ(男鹿水族館GAO提供)
ともに先月26日に誕生日を迎えた豪太(右)とユキ(男鹿水族館GAO提供)

 男鹿水族館GAO(男鹿市戸賀)は26日、ホッキョクグマ「豪太」(雄、17歳)と「ユキ」(雌、21歳)に赤ちゃんが誕生したと発表した。GAOでホッキョクグマの赤ちゃんが生まれるのは2012年12月以来8年ぶりで、2例目。

 GAOによると、ユキは4月に豪太との繁殖行動が確認され、妊娠や出産の可能性があるとして11月16日から展示を休止していた。出産したのは12月26日の午前1時半ごろとみられる。ユキがこもる「産室」に設置したカメラの録画映像をスタッフが確認し、産室の外から戻ったユキが小さな子グマを口にくわえている姿が映っていた。頭数や性別などは不明。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 667 文字 / 残り 390 文字)

秋田の最新ニュース