五輪パラ来日歓迎の動画贈る 大館→タイ、能代→ヨルダン

会員向け記事
お気に入りに登録

大館・タイのボッチャ、陸上合宿地

 東京パラリンピックでタイのボッチャ、陸上両競技選手団の事前合宿地となっている秋田県大館市は、受け入れ準備が進んでいることを同国関係者らにアピールする動画を作成した。16日から動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信している。市は「関係者の来訪を多くの市民が待っていることを伝えたい」と話した。

 動画は約10分で、タイ語の字幕付き。8月に市が開いたボッチャの交流イベントの際に撮影したものを中心に編集した。登場するのはイベントに参加した市身体障害者協会連合会の会員や比内支援学校の生徒、運営スタッフら市民を中心に総勢約100人。

能代・ヨルダンのホストタウン

 東京五輪・パラリンピックで中東ヨルダンのホストタウンとなっている能代市が制作した同国選手への応援メッセージ動画が、内閣官房東京五輪・パラリンピック推進本部の専用サイトで公開されている。市内の小中高生や観光関係者、市職員ら約70人が出演した。

 動画は1分47秒。ヨルダン国歌のピアノ演奏をバックに、各団体がメッセージを披露している。9月下旬に撮影した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1138 文字 / 残り 670 文字)

秋田の最新ニュース