中山そばで年越しを 大館市の特産、会員らが作業に精

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県大館市中山地区の特産「中山そば」の年越しそば作りが26日始まった。地元農家4戸でつくる「中山そばの会」(石垣一子会長)の会員らが、大みそかまで例年並みの約3万食分を出荷する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 355 文字 / 残り 264 文字)

秋田の最新ニュース