東由利から魅力発信・黄桜すい(4)思い 地元の衰退に危機感

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
黄桜すいのグッズを手にする鈴木代表
黄桜すいのグッズを手にする鈴木代表

 「地元が廃れていくのを、ただ見ているのは嫌だった」。由利本荘市東由利のご当地キャラクター「黄桜すい」を通じて地域活性化に取り組む「黄桜すいプロジェクト」の鈴木弘和代表(38)は、活動に懸ける思いを語った。

 東由利の農家に生まれた鈴木さんは専門学校を卒業後、理容師の道を選んだ。2009年に帰郷し、その後独立。道の駅東由利のショッピングセンター「ふれあいプラザぷれっそ」内に店を構えた。現在は3児の父だ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 760 文字 / 残り 558 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース