秋田スポーツこの1年(4)野球 TDK、都市対抗出場

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
7年ぶりの都市対抗出場を決め喜びを爆発させるTDKの選手たち=10月、福島市
7年ぶりの都市対抗出場を決め喜びを爆発させるTDKの選手たち=10月、福島市

 社会人野球のTDK(にかほ市)が2013年以来7年ぶりに都市対抗大会に出場した。近年苦戦を強いられてきた2次予選東北大会では勝負強さを発揮。延長十二回までもつれたJR東日本東北(仙台市)との決勝は、青木龍成の適時三塁打による2点をエース右腕小木田敦也が完封で守り切った。

 本大会では1回戦で日本新薬(京都市)と対戦。六回に2点本塁打を浴び1―2で惜敗したが、先発したルーキー鈴木大貴のほか、2年目の左腕佐藤開陸、小木田が好投。打線も1、2年目の若手がほとんどを占め、来季の飛躍へつなげたいところだ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 708 文字 / 残り 458 文字)

同じジャンルのニュース